※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー16

診断時:73歳
インタビュー時:76歳(2008年6月)
東海地方在住。2005年夏、健康診断でPSA検査の値がやや高かったので、精密検査を受けたところ、浸潤はないもののグリーソン・スコアが9の悪性度が高いがんと判明。手術を勧められるも、身体への侵襲と病院の対応への不安感からインターネットで情報を収集して転院。2006年4月から2ヵ月間入院してリニアックによる3次元原体照射治療を受けた。合併症もなく、2年経過した今もPSA値は0.1台で安定している。

詳しいプロフィールを見る

先ほどもちょっとお話ししたように、放射線でも、IMRTっていうその言葉が、何か魔術のように直感的に「あ、これだ!」っていうふうにこう思っちゃいましたね。いわゆる強度変調っていうその言葉がね、変調っていう言葉が、大変こう何だかね(笑)、気に入ったっていうとおかしいですけども。天のひらめきみたいに。ああ、そうだな、強度をある程度変えて治療するっていう、臓器の形に沿った照射が、その変調によってできるっていうのがね、何かね、こう…非常にこう、現実的に感じるんですよ。で、まあ昔、私若いころ、ラジオ技術に虜になったことがありましてね。それで、ラジオの原理っていうのは、いわゆる搬送波、一定の同じ強さの同じ周波数の電波を、例えばこの人間の言葉だとか音楽によって、これを変調するんだと。で、変調したものを受信機で分離するんですよね。検波っていうんですけれども、分離して必要な、その中から情報取り出すっていう。そういうことが、若いころから頭の中にあったもんですから。その変調っていうの、「ああそうだ。これはやっぱり、X線っていう非常に体に対するダメージの大きいエネルギーを、物理的な方式でその変調を加えることによって、臓器に沿ったものを作り上げていくというやり方。あ、これなんだな」っていうふうにね、思っちゃった(笑)。本当に思っちゃったんです。ほんで、これはやっぱり優れた治療法だなっていうふうにね、思いましたね。そんで、もうまっしぐらですね。それにたどりついたらもうまっしぐら。それを選んだという、そういうことなんですよ。だから言葉のマジックに(笑)…ということですかね。非常に今、もっと優れた方式のものもあるみたいですけども、医者のその技量や知識から離れた、半分ぐらいはやっぱり物理的な知識だとか、スキルだとかノウハウだ、そういうものがやっぱりこう合体をされないと、安心して治療が受けられない性格の治療方法だなとは、もちろん思いますけどもね。まあ、そのために病院をやっぱり選んだというか。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(73) ["name"]=> string(33) "治療法の選択・意志決定" ["slug"]=> string(10) "ishikettei" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(73) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(20) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(73) ["category_count"]=> int(20) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "治療法の選択・意志決定" ["category_nicename"]=> string(10) "ishikettei" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る