※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー16

診断時:73歳
インタビュー時:76歳(2008年6月)
東海地方在住。2005年夏、健康診断でPSA検査の値がやや高かったので、精密検査を受けたところ、浸潤はないもののグリーソン・スコアが9の悪性度が高いがんと判明。手術を勧められるも、身体への侵襲と病院の対応への不安感からインターネットで情報を収集して転院。2006年4月から2ヵ月間入院してリニアックによる3次元原体照射治療を受けた。合併症もなく、2年経過した今もPSA値は0.1台で安定している。

詳しいプロフィールを見る

今、医療機器で、検査機器で、いろいろがんに関するものが検査機器でいろいろありますけども、MRIっていうのがありますね。これは大変な機械ですね。あの、中世ヨーロッパで、囚人を拷問にかける機械(笑)じゃないかなっていう。そういう…そんな感じがするようなね、機械があるんで、これもちょっとこう改善できるといいかなっていう気がするんですけども。このMRIでもなかなか、いろいろとその種類っていうか、メカによってこうバリエーションがあるもんですからね。こういったものに対する情報がね、何かこう欲しいなっていうことはね、非常に強く感じますですね。あれひどいですね、あれは。狭いところへ入っちゃって、で、ものすごい音がするじゃないですか。ガンガンガンガンガンガンとねえ。ほんで、動くとまた検査のし直しだっていうから、いわゆる狭いとこへ閉じ込められて、身動きのできない状態にされて、ものすごい音で責め立てられるような感じ(笑)。拷問する機械いう感じがします。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(70) ["name"]=> string(24) "診断のための検査" ["slug"]=> string(5) "kensa" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(70) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(21) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(70) ["category_count"]=> int(21) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "診断のための検査" ["category_nicename"]=> string(5) "kensa" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る