※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー16

診断時:73歳
インタビュー時:76歳(2008年6月)
東海地方在住。2005年夏、健康診断でPSA検査の値がやや高かったので、精密検査を受けたところ、浸潤はないもののグリーソン・スコアが9の悪性度が高いがんと判明。手術を勧められるも、身体への侵襲と病院の対応への不安感からインターネットで情報を収集して転院。2006年4月から2ヵ月間入院してリニアックによる3次元原体照射治療を受けた。合併症もなく、2年経過した今もPSA値は0.1台で安定している。

詳しいプロフィールを見る

例のPSAの腫瘍マーカーの数値っていうのはグレーゾーンですから、全然問題なかったんですよ。ところが、いわゆる顔つきっていうのがあるじゃないですか、がんにはね。あれの場合には、前立腺がんの場合には、グリーソンスコアとかっていう、GS、GSっていうふうにいってますよね。10点満点でそれが9点だっていう、非常にこう…悪質の、質(しつ)の悪い、まあ未分化、分化度が低いっていうんですかね。何か、高い低いっていうふうにいわれると、こう低い方がよくて高いほうが悪いように聞こえるんですけれども。分化度っていうのはどうもこう、低い、低分化、未分化のがんっていうのは質(しつ)が悪いらしくて。それで大変…そのときに大きなショック受けましたですね。ですから最初に「あなたはがんですよ」って言われた…「がんかもしれないですよ」っていうふうにこう言われたときには自分自身、非常に健康状態が良かったもんですから、何でもなかったんですけれども。その結果を聞いて、しかもその、顔つきの悪いがんだと言われたときには、もう絶望的な気持ちになりましてねえ(笑)。もう本当にいいのかな、大変なことになっているなと思っちゃったんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(70) ["name"]=> string(24) "診断のための検査" ["slug"]=> string(5) "kensa" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(70) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(21) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(70) ["category_count"]=> int(21) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "診断のための検査" ["category_nicename"]=> string(5) "kensa" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る