※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:73歳
インタビュー時:76歳(2008年6月)

東海地方在住。2005年夏、健康診断でPSA検査の値がやや高かったので、精密検査を受けたところ、浸潤はないもののグリーソン・スコアが9の悪性度が高いがんと判明。手術を勧められるも、身体への侵襲と病院の対応への不安感からインターネットで情報を収集して転院。2006年4月から2ヵ月間入院してリニアックによる3次元原体照射治療を受けた。合併症もなく、2年経過した今もPSA値は0.1台で安定している。

えーとね、前立腺がんについての予備知識ですよね。やっぱり不安を持ってましたね、うん。高齢化に伴って罹病率が結構高いですからね。だから、いつかはやられるんじゃないかなっていうふうに考えてましたよ。で、今の天皇が罹患されたっていうことをお聞きしたのは、私がそういう診断を受けるちょっと前でしたよ。2年ぐらい前だなっていうふうに、思うんですけどもね。だから、まあ誰彼なしに襲う内容だなというふうに思いますね。これ確かにね、前立腺がんっていうのは、高齢者にはもうかなりの確率で、発生する病気だなというね。
で、自分でそういったオプショナルな検査であるよっていうふうにお聞きしたときに、すぐに手を挙げて受検したのも、やっぱり念のためにっていうか、やっぱりそういう恐怖心があったもんですからね、やりました。確かに予備知識的なものはありましたね。
でも、今度かかって分かった…進行が遅いだとか、年齢が高かったら「ああ、そうかい。まあ、ほっときゃいいわ」っていうようなものも一つの選択肢だって、そういうことを知ったのは、自分が実際に前立腺がんになってからのことなんですけれども。漠然とした恐怖心っていうのはありましたね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧