※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー16

診断時:73歳
インタビュー時:76歳(2008年6月)
東海地方在住。2005年夏、健康診断でPSA検査の値がやや高かったので、精密検査を受けたところ、浸潤はないもののグリーソン・スコアが9の悪性度が高いがんと判明。手術を勧められるも、身体への侵襲と病院の対応への不安感からインターネットで情報を収集して転院。2006年4月から2ヵ月間入院してリニアックによる3次元原体照射治療を受けた。合併症もなく、2年経過した今もPSA値は0.1台で安定している。

詳しいプロフィールを見る

多少は音があるんですが、今、照射されてるななんていうことがうかがえるような、そんな音はないですよ。で、その治療室へ、私、患者1人しか入らないんですが、別室、隣の部屋からきちっとモニターをしてまして、絶えず声掛けをしていただきながら、モニターしてもらってるということですね。準備をして出るまでに、まあ、10分ぐらいかかるかぐらいなんですよ。で、実際に照射する時間っていうのは、秒単位じゃないですかね(笑)。よく分かんないですけどね。ほんのちょっとだけなんです。で、機械が、だから移動する時間がありますよね。移動して照射するという…移動して止まってたのかなぁ。時間が多少かかるんで。でもう、本当に入って、そういう治療台の上に横たわって、治療が終わって出るまでに10分前後ぐらいしか時間がかかりません。で、1日1回だけなんです。それを大体、うーんと…膀胱の中に入ってる尿の量に、位置が決められちゃうもんですからね。だから、大体決まった時間の、特に排尿後どれくらいの時間(に照射しなければならない)っていうふうな、制限があるぐらいで、あとは何も制限がないんですね。
照射中、前後、全く苦痛はありません。全くないですねえ。あの機械のいかめしい感じですか。威圧的な感じは、まあ、なきにしもあらずですけれども。それから、やっぱ動いちゃいけないですからね。ミリ単位でやっぱり照射の位置をきちっとこうやってるもんですから、動いちゃいけないっていう。まあでも、ごくわずかな時間ですからね…ということと。それからたった1人で、やっぱこれくらいの大きさの部屋で、大型の機械がたくさんあってというようなことがあるくらいで、心理的には多少はちょっとこう、最初のうちはびびったというかな(笑)。あったんですけど。もう物理的には全くもう、音響にしても、もうよほどMRIのほうがこたえました(笑)。治療そのものは全くね、快適ですよ。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(80) ["name"]=> string(39) "放射線療法(外部照射療法)" ["slug"]=> string(10) "gaisyousya" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(80) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(24) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "7" ["cat_ID"]=> int(80) ["category_count"]=> int(24) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(39) "放射線療法(外部照射療法)" ["category_nicename"]=> string(10) "gaisyousya" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る