※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー16

診断時:73歳
インタビュー時:76歳(2008年6月)
東海地方在住。2005年夏、健康診断でPSA検査の値がやや高かったので、精密検査を受けたところ、浸潤はないもののグリーソン・スコアが9の悪性度が高いがんと判明。手術を勧められるも、身体への侵襲と病院の対応への不安感からインターネットで情報を収集して転院。2006年4月から2ヵ月間入院してリニアックによる3次元原体照射治療を受けた。合併症もなく、2年経過した今もPSA値は0.1台で安定している。

詳しいプロフィールを見る

晩期合併症で、大体、直腸出血だとか、そういうのが出る可能性があるっていうようなことを聞いてたんですけれどもね。で、私が…今年の2月の中旬に1回だけ出血がありました。ちょうど2年経ってるんですね。で、その直後に受診したんですが「ああ、やっぱりそうか。直腸の出血だね。まあでも、心配要りませんよ」と言われたんで、その通り、全く心配なかったです。1回こっきりだったですからね。ああ、やっぱりそうだったんだなっていうふうに、まあ、思ったんですけれども。74グレイで止めといてやっぱりよかったのかな、先生の言う通りに、三次元原体照射でやってよかったんだなっていうふうに、今思ってますけどもね。やっぱりもし、あのときに強引に、IMRTをおねだりしてたら、もっとひどくやられたかなというふうに、今、思ってますけどもね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(80) ["name"]=> string(39) "放射線療法(外部照射療法)" ["slug"]=> string(10) "gaisyousya" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(80) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(24) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "7" ["cat_ID"]=> int(80) ["category_count"]=> int(24) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(39) "放射線療法(外部照射療法)" ["category_nicename"]=> string(10) "gaisyousya" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る