※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー08

インタビュー時年齢:30歳(2019年2月)
障害の内容:視覚障害(弱視・色盲)
学校と専攻:大学・外国語学部(2007年度入学)
関西地方出身の女性。先天性の弱視で、色盲がある。小学校は普通学校で学んだが、中高は、盲学校に通った。中高ごろからとても興味があった英語を学びたいと思い、外国語学部に進学した。3年生の海外実習では困ることがあったが、周囲にサポートされて充実した時間を過ごせた。現在は、一般企業で働いている。

詳しいプロフィールを見る

あ の、受験する上で結構大事なのが予備校ですよね。で、えっとー、私は、弱視なので、結局やっぱり先生が黒板にバーッと書いているのをみんなで聞きながら、聞いていけるような、こう、集団授業の予備校は1回だけ見学に行ってみたんですが、やっぱりちょっと難しいかなと。あるいは、ビデオを見て勉強するようなサテライト形式っていうようなのもちょっと難しいかなということで、結局、えー、先生と1対1で参考書解きながらやる、個別指導の学習塾に通わせてもらいました。
 で、その学習塾に入塾するときも、「私ちょっと視力が悪いので、あの、教材はちょっと拡大コピーして使わせてくれないか」とか、ちょっと、こう、「先生の解き方の説明なんかしてもらうときはやっぱりちょっと顔近づけて見るのでね、あ、ちょっと先生、びっくりするかもしれませんけど、ご了承ください」とか、そんな感じの話をして、「いいですよ」と言ってくれた学習塾で、勉強を続けていました。
 そうですね。で、参考書とかは、あのー、本屋に自分で見に行って、やっぱり、印刷がね、小さかったりとか、色が薄かったりとか、いろいろ使いにくいものやら、使いやすいものやらいろいろあったんで、いろんな、あの、参考書を見て、分かりやすいものはもちろんですけど、何より自分が読みやすいものという観点で選んで、参考書を買って勉強をしていました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#14112 (17) { ["term_id"]=> int(9) ["name"]=> string(24) "入試の準備と実際" ["slug"]=> string(6) "nyushi" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(9) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(11) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(9) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "入試の準備と実際" ["category_nicename"]=> string(6) "nyushi" ["category_parent"]=> int(11) } }
同じテーマの語りを見る