※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー08

インタビュー時年齢:30歳(2019年2月)
障害の内容:視覚障害(弱視・色盲)
学校と専攻:大学・外国語学部(2007年度入学)
関西地方出身の女性。先天性の弱視で、色盲がある。小学校は普通学校で学んだが、中高は、盲学校に通った。中高ごろからとても興味があった英語を学びたいと思い、外国語学部に進学した。3年生の海外実習では困ることがあったが、周囲にサポートされて充実した時間を過ごせた。現在は、一般企業で働いている。

詳しいプロフィールを見る

で、実は私、1回だけアルバイトもしてみました。ただ正直アルバイトは何かね、就職活動並みに履歴書をいっぱい出さなきゃいけなくて、やっぱりね、恒久的に使う正社員なら、いろいろ配慮したりして働かせるっていうのも受け入れやすいのかもしれないんですけど、アルバイトは正直ね、来てくれれば誰でもいいわけですから。それでわざわざね、ちょっと手が掛かる人採用しようというのはあんまないですから、やっぱりそう簡単にアルバイトみたいなんか、自分でタウンワークとか、読んでいろいろ電話したりしたんですけども、やっぱり履歴書に、あのー、盲学校って書いてある時点で、やっぱり採用担当者の顔が変わるんですよね。うん。やっぱりちょっとアルバイトっていうのはそう簡単じゃないなっていうのがあったんですけど、結局普段通ってたスーパーの、が、アルバイト募集してたので、ちょっと電話してみたらですね、意外に、こう、スムーズにいきまして、ちょっと目悪いんですけどっていうのも、でも、正直、スーパーっていう職場の関係上、外国人の人とかも多くて、何か、あの、日本語通じるんならそのほうがありがたいよみたいな感じもあり、全然問題ないよというような感じで受け入れてくれまして、えっと、何か結局デリカコーナーで、スーパーのお寿司を作る。スーパーで売ってるお寿司を作るアルバイトを、2カ月ほど、えーっと、経験した、しました。
 ここで、非常に、先輩、指導役の先輩としてついてくださった、こう、パートの、方、年配の方が非常にいい方で、あのー、非常に丁寧に私の、特性も理解した上で、バイトの指導をしてくださって、ま、そういうんで非常に丁寧な仕事で、安心して任せられるとか、非常に褒めていただきまして、あの、ま、このアルバイトをやったことで、最悪、仕事できなくなったり、ま、路頭に迷ったとしても、私はパートができるんだというふうな、自信っていうんですかね、あの、得ることができて、非常にいい経験だったなと思ってます。

――はい、ありがとうございます。あれですね。最初、最初に、そのバイトの、アルバイトをしてみようかなと思った何かきっかけみたいなのはあったんですか。

またちょっと、これはやっぱり大学生なのでちょっとやってみたいなっていうか、うん、アルバイトもちょっとやってみたいなっていうふうな気持ちで始めたっていう感じですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#14058 (17) { ["term_id"]=> int(19) ["name"]=> string(30) "アルバイトなどの活動" ["slug"]=> string(5) "baito" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(19) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(18) ["count"]=> int(10) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(19) ["category_count"]=> int(10) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "アルバイトなどの活動" ["category_nicename"]=> string(5) "baito" ["category_parent"]=> int(18) } }
同じテーマの語りを見る