※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー08

インタビュー時年齢:30歳(2019年2月)
障害の内容:視覚障害(弱視・色盲)
学校と専攻:大学・外国語学部(2007年度入学)
関西地方出身の女性。先天性の弱視で、色盲がある。小学校は普通学校で学んだが、中高は、盲学校に通った。中高ごろからとても興味があった英語を学びたいと思い、外国語学部に進学した。3年生の海外実習では困ることがあったが、周囲にサポートされて充実した時間を過ごせた。現在は、一般企業で働いている。

詳しいプロフィールを見る

( 入学時の大学との話し合いで、)授業において、プリント教材なんか字の小さいものも多いので、そこら辺は拡大したものを用意してもらえるかということで、基本、A4をA3にされて、拡大コピーして用意してもらうというようなことを、必ず教務課のほうから、私が履修する授業の教授には話をしてくれるという、約束をいただきました。
で、それから試験ですけれども、試験も、入試に準じた対応でちょっと、時間延長してもらうのと、それから、問題を拡大コピーしてもらうということで、ちょっと、実際やってみるとちょっと笑える感じになっちゃったのが、入試と同じ大きさの、ものを用意してもらおうとすると、大学の標準の問題用紙の大きさがA3だったので、A2になってしまいまして、毎回、A3の紙を2枚張り合わせたA2の大きなテスト用紙をですね、あの、1人の(別室の)教室で、机を6つかき集めて、大きなテスト問題を1人で解くっていう、ちょっと面白い感じになってしまったんですが、私は読みやすくて良かったんですけど、ま、うん、…そんなちょっと面白いこともありましたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#14056 (17) { ["term_id"]=> int(15) ["name"]=> string(15) "授業や試験" ["slug"]=> string(5) "jugyo" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(15) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(13) ["count"]=> int(20) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(15) ["category_count"]=> int(20) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "授業や試験" ["category_nicename"]=> string(5) "jugyo" ["category_parent"]=> int(13) } }
同じテーマの語りを見る