インタビュー内容テキスト

バイト先の更衣室で、おばさんたちが何人かで乳がんの自己チェックをしているっていう話を更衣室でしていて、結構、やり方が分からないとか、まあそういう話をしているところに、ちょうど、仕事が終わり更衣室に入っていきました。
で、最初そのおばさんたちから、乳がん(自己検診)の話を勧められていたんですけれど、なんか、そのときは若いから私は関係ないみたいな感じで、もう適当な感じだったんですけれど、「覚えといたら、お母さんとか、おばあちゃんにも教えてあげられることができるから、覚えといて損はないわよ」っていうことで、自己チェックの仕方を何か教えてもらいながら、まあ面白半分に、「あ、こうやってやるんだー」みたいな感じで、自分の胸を触りました。で、右胸を触ったときに何かに触れ、手が触れたんですけれど、そのときはもう下着のレースとか、そういうのだと思って、まあ、まさかしこりではないだろうなみたいな感じで、まあ楽しい雰囲気でもあったので、あまり気にせず、家に帰ってきました。
で、家に帰ってからもやっぱりちょっと気になったので、お風呂に、その日のお風呂入ったときに、石鹸を手に付けて、滑らせてもう一度自分の胸を触ってみたら、しっかりとしこりが2つあることを自分で発見して、そのときにちょっとそれでもまさかしこり、これは消えるだろうとか、いろいろやっぱり考えたんですけれど、不安だったので、2日ぐらいしてからと、メラノーマで診てもらっている病院の皮膚科に行きました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言