インタビュー内容テキスト

学校へ行って資格を取って、医療職を探していたんですけれど、医療職だからか、すごく社会の目がすごく厳しくて、このころから徐々に社会復帰に対しての不安が、不安や悩みが出てきました。
面接を受けに行って、学校も卒業していて、で、資格も持っていて、「いいじゃない」っていうことで、「来週から働ける?」とか、「制服はMサイズでいいよね?」とか、「靴は何サイズ?」とか、そういうことを聞かれて結構手応えありみたいな感じで思って、でも、最後、最後のほうに「健康状態はどう?」っていう感じで聞かれたときに、メラノーマと乳がんのことを話すと「申し訳ないけど、ちょっと…」みたいな感じで、「この話はなかったことにしてほしい」とか、「やっぱ雇用問題上ちょっとね」みたいな感じで、やっぱちょっと採用されないことが、断られることがすごく多くて。うん。
社会の目はやっぱり「がんイコール死」だったりとか、あと、「がん」って言うと、今落ち着いていても、再発とか転移とかって言われるシナリオを考えられちゃって、やっぱそうなったときに…みたいな感じで、やっぱり、採用すると会社側に、その責任問題があるから、早番とか、遅番とか、残業とかさせて、で、もし再発とか、転移とかしたら、やっぱりこんだけ働かせたから、こうなったんだみたいな感じになると、後々…みたいに、命にかかわってくるみたいな感じでやっぱり採用するほうが怖いみたいな感じだったり。
どうして、こう働きたいっていう意欲よりも、その病名っていうものを、どうしても自分の努力では消せないようなものばかりが尊重されるのかなとか、すごくやっぱ悩んでいて、何かその悩みは今もまだちょっと残っています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言