インタビュー内容テキスト

今も腕がやっぱり重だるくなったときは、とにかくもう心臓より上に上げるということで、ちょっとクッションの上に、あの、手を置いたりとか、あとは、あの、バッグとかもなるべくショルダーみたいな感じのバッグにして、あんまり両手で持たないというか、どうしても利き手だと何気ないときに、パッてもう右手が出てしまうので、最初は意識的に左で持っていても、ただ、途中から何か右手になっているので、なるべくショルダーのバッグにしたりとか、あと、電車の中だったりとか、まあ病院の待ち時間とかも、腕をだらんって下げていると、多分腕がだんだんつらくなってきてしまうので、膝の上にバッグを載せて、そのバッグの上に手を置いていると、少しでもだらっと下げているよりも腕が上がるので、そういう感じで病院の待ち時間とか、電車の中でも少し腕を上げてたりとか、バッグの上だったりがこう意識的に置くじゃなくて簡単に、できることなので、そういうことでちょっとずつ日常生活の中でも気を付けています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言