※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:22歳
インタビュー時:25歳(2008年10月)

東海地方在住。悪性黒色腫(メラノーマ)を患った経験あり。2006年冬、自分でしこりを発見し、受診。右乳がんを診断され、右乳房切除術+腋窩リンパ節郭清、術後抗がん剤治療を受けた。 両親と3人暮らし。専門学校卒業後は飲食店で接客業のアルバイトをしていた。

今も腕がやっぱり重だるくなったときは、とにかくもう心臓より上に上げるということで、ちょっとクッションの上に、あの、手を置いたりとか、あとは、あの、バッグとかもなるべくショルダーみたいな感じのバッグにして、あんまり両手で持たないというか、どうしても利き手だと何気ないときに、パッてもう右手が出てしまうので、最初は意識的に左で持っていても、ただ、途中から何か右手になっているので、なるべくショルダーのバッグにしたりとか、あと、電車の中だったりとか、まあ病院の待ち時間とかも、腕をだらんって下げていると、多分腕がだんだんつらくなってきてしまうので、膝の上にバッグを載せて、そのバッグの上に手を置いていると、少しでもだらっと下げているよりも腕が上がるので、そういう感じで病院の待ち時間とか、電車の中でも少し腕を上げてたりとか、バッグの上だったりがこう意識的に置くじゃなくて簡単に、できることなので、そういうことでちょっとずつ日常生活の中でも気を付けています。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧