※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:22歳
インタビュー時:25歳(2008年10月)

東海地方在住。悪性黒色腫(メラノーマ)を患った経験あり。2006年冬、自分でしこりを発見し、受診。右乳がんを診断され、右乳房切除術+腋窩リンパ節郭清、術後抗がん剤治療を受けた。 両親と3人暮らし。専門学校卒業後は飲食店で接客業のアルバイトをしていた。

――友だちには乳がんだっていうのはどんな形でお伝えになったんですか?

それは、ストレートに乳がんっていうことは言ったんですけれど、結構なんか手術したら、もう治ったみたいな感じのイメージの友達が多くて、手術する前とか、「本当に頑張ってね」とか、「手術終わったら、どこどこ行こうね」とか、本当にメールしてくれたんですけれど、手術終わって治療に入ったって、「え、治ったんじゃないの?」とか、治療も最初のEC(*)の4クール目ぐらいのときまでは、「頑張れ」とか言ってたんですけれど、タキソ(テール)とかに入ってきたぐらいから、「え、まだ、あの、治療しているの?」って、「もう治ったんじゃないの?」とかいう感じで、あんまりこう何だろう、手術イコールもう治ったみたいな感じで長期的な病気だっていう意識がやっぱないのと、何か接しているとやはり私がそのメラノーマと乳がん、多重がんであるっていうところから、何か特別みたいな意識が多くて、結構友達に「乳がんの自己チェックとかしたほうがいいよ」とか言っても、「私、若いから、そんな大丈夫、大丈夫」みたいな感じで、あまりこう、私を見て、「あ、ちょっと気を付けなきゃ」っていう、友達あまりいないのがちょっと残念です。

――友達に、最初に話したときはびっくりされていました?

もうメラノーマがあったので、「あらあら」っていう感じだったのと、あと、メラノーマのときは、本当に高校生だったので、ホームルームの時間に担任の先生が、みんなの前で、「○ちゃんはがんで」って、「で、これから治療で入院するから長期で休みます」みたいな、で、そのときに「みんなで協力して支えていこうね」みたいな話をしたので、自分からメラノーマは伝えてなかったのと、やっぱ「あれ?」みたいな、「あれは治ったの?」みたいな、で、「また別の病気になっちゃったの?」みたいな感じで、あんまりその病気を持っている子っていう意識があったので、突然のことにびっくりはなかった。

*ECとは抗がん剤の多剤併用療法で、ファルモルビシンの一般名塩酸エピルビシン(E)とエンドキサンの一般名シクロホスファミド(C)の頭文字をとった略称です。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧