※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:22歳
インタビュー時:25歳(2008年10月)

東海地方在住。悪性黒色腫(メラノーマ)を患った経験あり。2006年冬、自分でしこりを発見し、受診。右乳がんを診断され、右乳房切除術+腋窩リンパ節郭清、術後抗がん剤治療を受けた。 両親と3人暮らし。専門学校卒業後は飲食店で接客業のアルバイトをしていた。

抗がん剤の説明はEC療法が4クールとタキソテール、ハーセプチンが4クールと、ハーセプチン単独が1年という説明を先生から受けて、乳がんのガイドラインをインターネットとかいろんなところで見ていて、先生に言われたとおりのお薬が載っていたので、治療方針に対しては全く迷いもなく、うん、言われたとおりに進み、進むということで、あまり調べることもなく、その場で「やります」っていうことで決めました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧