※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:22歳
インタビュー時:25歳(2008年10月)

東海地方在住。悪性黒色腫(メラノーマ)を患った経験あり。2006年冬、自分でしこりを発見し、受診。右乳がんを診断され、右乳房切除術+腋窩リンパ節郭清、術後抗がん剤治療を受けた。 両親と3人暮らし。専門学校卒業後は飲食店で接客業のアルバイトをしていた。

次の治療がハーセプチン単独で1年間ということで、今までは数かぞえて、半分達したとかいう感じで結構自分の中で、頑張る意欲があったんですけれど、漠然と1年となると、ちょっともう長過ぎて、うん、気持ちが頑張るぞっていう、今までとはちょっとそこまでいかない感じで、スタートしました。
 (ハーセプチン)単独でスタートして、1ヶ月後に24歳の誕生日を迎えて、おいしいケーキではなくて、つらいケーキを食べることになってしまって、すごく複雑な気持ちで、また1日を過ごしました。もうそのときに、「来年こそはおいしいケーキを食べたい」という気持ちで絶対治療を1年頑張るっていう気持ちを新たにした1日でもありました。
漠然と、毎週、ハーセプチン投与で病院に行って、で、ハーセプチンはえっと副作用がないと聞いていたんですけれど、逆にアレルギー症状っていうものがあって、アレルギーが怖いっていうことをいろんなそのハーセプチンに対しての説明書きとか、あと先生からの説明も聞いていて、やっぱそのアレルギー症状のほうで、頭痛と、あと微熱がやっぱ症状として出ていたのと、あとはやはりだるさがやっぱ続いていて、もう投与した日の夜中ぐらいからは、もう次の日も1日動けない状態で、副作用じゃなくて、アレルギーに逆に今度はちょっと苦しみ始めていました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧