インタビュー内容テキスト

次の治療がハーセプチン単独で1年間ということで、今までは数かぞえて、半分達したとかいう感じで結構自分の中で、頑張る意欲があったんですけれど、漠然と1年となると、ちょっともう長過ぎて、うん、気持ちが頑張るぞっていう、今までとはちょっとそこまでいかない感じで、スタートしました。
 (ハーセプチン)単独でスタートして、1ヶ月後に24歳の誕生日を迎えて、おいしいケーキではなくて、つらいケーキを食べることになってしまって、すごく複雑な気持ちで、また1日を過ごしました。もうそのときに、「来年こそはおいしいケーキを食べたい」という気持ちで絶対治療を1年頑張るっていう気持ちを新たにした1日でもありました。
漠然と、毎週、ハーセプチン投与で病院に行って、で、ハーセプチンはえっと副作用がないと聞いていたんですけれど、逆にアレルギー症状っていうものがあって、アレルギーが怖いっていうことをいろんなそのハーセプチンに対しての説明書きとか、あと先生からの説明も聞いていて、やっぱそのアレルギー症状のほうで、頭痛と、あと微熱がやっぱ症状として出ていたのと、あとはやはりだるさがやっぱ続いていて、もう投与した日の夜中ぐらいからは、もう次の日も1日動けない状態で、副作用じゃなくて、アレルギーに逆に今度はちょっと苦しみ始めていました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言