※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:22歳
インタビュー時:25歳(2008年10月)

東海地方在住。悪性黒色腫(メラノーマ)を患った経験あり。2006年冬、自分でしこりを発見し、受診。右乳がんを診断され、右乳房切除術+腋窩リンパ節郭清、術後抗がん剤治療を受けた。 両親と3人暮らし。専門学校卒業後は飲食店で接客業のアルバイトをしていた。

乳がんになる前から付き合っていた彼がいて、その彼に乳がんっていう告知を受けたっていうことを話をしたら、それまでは頻繁にメールとか、電話とか来ていたのに、パッタリと連絡が来なくなって、やっと連絡が取れたと思ったら、彼から「女性にとって、大切な部分に傷が付く人と俺は付き合わない」って言われて、で、その時点で別れて、すごいそのときはつらかったんですけれど、今、思うと、彼は私の中身を好きだったんじゃなくて、私の外見だけが好きだったんだなって思って、うん、本当に私の病気をちゃんと受け入れてくれて、それでも好きって言ってくれる、そういう相手じゃないともう絶対無理だなってすごく思って、今は本当にそういう人が現れるのかなあと、そこまでその器の大きい人がいるのかなあという、ちょっと不安はあります。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧