※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:22歳
インタビュー時:25歳(2008年10月)

東海地方在住。悪性黒色腫(メラノーマ)を患った経験あり。2006年冬、自分でしこりを発見し、受診。右乳がんを診断され、右乳房切除術+腋窩リンパ節郭清、術後抗がん剤治療を受けた。 両親と3人暮らし。専門学校卒業後は飲食店で接客業のアルバイトをしていた。

将来に対しては、やっぱ若いので結婚して子どもを産めたらいいなっていう気持ちはすごくあるんですけれど、治療で子宮(卵巣)の機能を低下させてしまったので、ちょっと生理とかも不順なので、妊娠がやっぱりできるのかなあとか、あと、先生からもやっぱ薬の影響がどのくらい子宮とか、卵巣に影響しているのかはちょっと目で見て分からないから、妊娠したとしても、その流産とか、あと死産だったりとか、あとは障害を持った子どもが生まれてきたりとかっていう、こう順調にこう妊娠、出産っていかない可能性があるから*1、やっぱりその辺は、その時期になったら、やっぱり悩む問題になるだろうっていうことは治療の前から、聞いていました。

*1 乳がんの治療終了後、卵巣機能が保たれていれば、妊娠・出産は可能であり、出産に関連する問題や胎児の異常が増えるという明らかなデータはありません。ただし、どのような薬剤でも妊娠前期に使用すると胎児に影響を与える可能性があるため、治療中の妊娠は避けた方がよいとされています。
(日本乳癌学会編「患者さんのための乳癌診療ガイドライン2019年版」)

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧