歩行者の死亡

2010年に、英国では1,850名が交通事故により亡くなりました。このうち835名が自動車事故、403名がバイク事故、111名が自転車事故で亡くなりました。 (『道路および鉄道事故による死亡』を参照) 歩行者の死亡は405名でした。 (www.dft.gov.uk を参照)

そのうちの1件ですが、マーティンの妻、ステフは、歩道に立っていたところ、バスにはねられました。

スティーブンの兄弟、トニーは、道路を横断していた際、飲酒運転の車にはねられ亡くなりました。スティーブンも重傷を負いました。

ディーンの息子、アンドリューは車にはねられました。運転手は自動車保険に入っておらず違法運転をしていました。

ウィリアムの娘、ローレン(当時15歳)は 「高速道路終わり」の標識から1メートルほど先に続く幹線道路の路肩でバスから降り、道路を横断しようとして大型トラックにひかれました。ほとんど即死でした。