道路および鉄道事故による死亡

英国における割合は他の国よりは低いとはいえ、毎年多くの人々の命が交通事故により奪われている。2007年の年間死亡数は2,946名にのぼる。このうち自動車事故1,432名、バイク事故588名、自転車事故146名。歩行中の事故死は646名であった。(参照『歩行者の死亡』更なる詳細についてはwww.dft.gov.ukを参照)

友人や身内が亡くなったという知らせは、遺族にとって深い衝撃を与えます (参照『感情的身体的な反応の変化』) 。シンシアの娘は、自転車を運転中、セメント車にはねられました。

サラの夫、ラッセルは、バスの運転中に死亡。突然車線をはみ出した別の車により事故が引き起こされました。

パットの息子、マシューはオートバイ乗車中に死亡。渋滞の最前にいたところ、前の車のドライバーが後方注意をせずに右折しようとしてはねられた。

ピーターの息子、ティムは自動車事故により死亡。 彼の友人が運転する車の中にいたところ、飲酒運転をしていた友人がハンドルコントロールを失い、木に激突。ティムはその場で亡くなった。

友人や身内の死に遭ったとき、知らせを受けた人は憤りを覚え、人によってはその死の原因として他者を非難することもある。(参照『感情的身体的な反応の変化』)
一方、自分達の子供や配偶者または親類の死は、事故であり他の誰のせいでもないと考える人もいる。

車の旅は鉄道の旅より危険だが、1件の列車事故は多くの死と負傷を引き起こす可能性がある。英国の代表的な列車事故に、2002年5月10日のポターズバーでの例がある。列車が脱線し、7人が死亡。ニーナと夫、オースティンは列車の中にいた。 オースティンは死亡。ニーナは重傷を負った。

1995年7月、ゴッドフリーの息子、エイドリアンは列車に乗ろうとして重傷を負った。エードリアンが扉を開けようとしたときに、列車は駅を出ようとしていた。彼は転落し頭を打ち、現地の医大付属病院に運ばれたものの、集中治療室で死亡した。