※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー09

診断時:44歳
インタビュー時:45歳(2008年4月)
首都圏在住。2007年5月に自分でしこりを発見。右乳がんと診断され、右乳房温存術、リンパ節郭清術、術後抗がん剤治療を受けた。これから放射線療法とホルモン療法を行う予定である。仕事は会社役員(代表取締役)。

詳しいプロフィールを見る

自分の異変に気が付いたときのことで、特に今後の患者さんのためにっていうことを考えたときには、やはり少しでも異常だなって思ったら、診ていただく、検査に行くっていうことが、やはりとても大切だなっていうふうに思いました。私も気が付いたのが、最初に気が付いたのが5月で。で、もし、その友達が乳がんにかかっていなかったら、もしかしたら、もっと放置していたかもしれないですよね。で、まあ相談する人がいたので相談ができて、すぐ検査に行けたので、まあ全身に転移する前に分かったわけで、むしろこれをもっと放置していれば、もっともっと発見は遅れて、遅れたはずですので、やっぱり何か異常があったら検査に行くっていうのが大事だなっていうふうに思いました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12130 (17) { ["term_id"]=> int(13) ["name"]=> string(15) "異常の発見" ["slug"]=> string(6) "hakken" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(13) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(9) ["count"]=> int(18) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(13) ["category_count"]=> int(18) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "異常の発見" ["category_nicename"]=> string(6) "hakken" ["category_parent"]=> int(9) } }
同じテーマの語りを見る