※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:44歳
インタビュー時:45歳(2008年4月)

首都圏在住。2007年5月に自分でしこりを発見。右乳がんと診断され、右乳房温存術、リンパ節郭清術、術後抗がん剤治療を受けた。これから放射線療法とホルモン療法を行う予定である。仕事は会社役員(代表取締役)。

検査をしていって、それから検査結果が出て、「で、こういう手術をしますよ」「全摘ではなくって温存手術をします」、「温存プラスこういう化学療法をしていきます」っていう治療方針が出て。で、それで、本当にその方針が間違いないものかどうかっていうのも、ドクターの話を鵜呑みにするのではなくて、そういうインターネット上の情報を調べたり、それから本を調べたりして、まず、間違いがないっていうことの確信が得られたので、セカンド・オピニオンっていうのは選ぶことはありませんでしたけれども、でも、まあ場合によっては、セカンド・オピニオンもあり得るっていうつもりで検査結果は聞きました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧