※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:44歳
インタビュー時:45歳(2008年4月)

首都圏在住。2007年5月に自分でしこりを発見。右乳がんと診断され、右乳房温存術、リンパ節郭清術、術後抗がん剤治療を受けた。これから放射線療法とホルモン療法を行う予定である。仕事は会社役員(代表取締役)。

痛みに関しては個人差があるということらしいんですけれども、インターネットで調べたり、あと事前に説明を受けていたのと、実際に受けて自分が感じる痛みと差がある人がやはり結構いるそうなんですね。で、私の場合もちょっとそうで、右胸で受けた針生検というのは、医師が直接胸に、針を、針っていうか、まあ注射器みたいな、大きな注射器で刺して、で、組織を取り出すという検査なんですけれども、こちらのほうは、私は、まあ麻酔の注射もしてもらうので、「痛みはないです」というふうに言われて、で、検査を受けたんですが、これは、私はかなり痛みました。
で、最初1本麻酔を打っていただいて、で、針を刺したんですけれども、ちょっと相当きつい痛みだったので、麻酔を追加していただいて、結局計4回麻酔を打っていただいて、「もうこれ以上打てません」っていうところまで麻酔を打っていただいたんですけれども、それでもやはり痛みまして。で、痛み止めも、検査が終わった後、すぐに追加で痛み止めを飲まないとちょっときつい、厳しい状態でした。ただ、痛み自体はその日我慢をすれば、もう夜には引いていたので、まあ夜寝るときまでは引きずらないで、済みました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧