※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:37歳
インタビュー時:42歳(2008年7月)

東北地方在住。乳がんで母親がすでに他界し、父親と2人暮らし。34歳頃から左右の乳頭からの出血があり、父親の勧めで受診。2003年秋に両側乳がんと診断され、両側乳房全摘術、術後化学療法、ホルモン療法を受けた。発症時は飲食店に勤めていたが、現在は退職。父親も脳梗塞と大腸がんを患っており、現在は生活保護による医療扶助を受けている。

私は、しこりに気づいていたのは、高校生のときでした。17歳のときだったですね。で、ここに左のほうにあったわけなんですけれども。まさか…、いや、そんなことはないだろうと思っていたんです。で、母が、そのとき、もう乳がんの手術をしたばっかりで、そして、それから2年ぐらい経ったあとに、今度、私が19歳のとき、いとこが乳がんで亡くなったんです。そのときも、でも、まさかって思っていたんですけれども、まさかそんな、しこりがあるからそんな10代で乳がんになんかなるわけないよって、私は思っていたんですね。
それから、34、5歳ぐらいのときだったかな? また、仕事に復帰したんですけれども。だんだんと自分の左胸のほうから出血がするんですよ。そして、ブラジャーをつけないで、Tシャツだけでごろんと横になっていると、血が、Tシャツが血だらけになっていたんですねえ。まさかとは思ってはいたんですけどね、だけど、36になったら、今度、反対側のほうにも、ちょっと、乳首から、透明とも言えない黄色いとも言えない微妙な感じの、両方から出血するようになって。
で、それで、どうしょうかなー、どうしょうかなーってすごく悩んで。私、これだけは言いたいんですけれども、自己判断は絶対にやめたほうがいいなって、つくづく思うんですけど。友達に相談したら、「そんな若さで乳がんなんかになるはずないでしょう」って。「乳腺炎か何かだよ」って。「生理前になると、そういう、出血したりとかってあるんだから」って言われて、また病院から離れてしまったんですね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧