※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:37歳
インタビュー時:42歳(2008年7月)

東北地方在住。乳がんで母親がすでに他界し、父親と2人暮らし。34歳頃から左右の乳頭からの出血があり、父親の勧めで受診。2003年秋に両側乳がんと診断され、両側乳房全摘術、術後化学療法、ホルモン療法を受けた。発症時は飲食店に勤めていたが、現在は退職。父親も脳梗塞と大腸がんを患っており、現在は生活保護による医療扶助を受けている。

そしたら、私も、ちょっと気がつかなかったんですけど、マンモグラフィって(左右)両方検査するもんなんだと単純に気がついて。あ、片方だけじゃないんだって。そして、そのときが、もう痛くて、痛くて…。そして、その検査画像のフィルムを持って、外来室に行ったら、もう先生は何も言わなかったんです。難しい顔して、うんともすんとも言わない。「うーん」って虫眼鏡でじぃーっと見て。その次、触診を始めるということで。30、40歳以下の人だと、乳腺が発達しているっていうことで、超音波検査も並行になるんだなっていうことも初めてそのとき知ったんですね。で、超音波検査をしても、「うーん、ふうーんー」一言も話がなかったんです。で、マンモグラフィを見ながら、超音波を見ながら「うーん」。そして、触診も念入りに、全部もうこんなふうに這うように、手が這うような感じで触診をして、そして、初めて医師の言葉が、出た言葉が、「しばらく通院できる?」っていうことだったんですね。で、「これから、CT検査だのMRI検査をやってもらいます。で、最後に細胞診検査しますから」って。(細胞診も)両方採られたんですけれども、これも、また痛かったんですけどね。で、「しばらく通院できる?」っていうことだったんですよ。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧