※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:37歳
インタビュー時:42歳(2008年7月)

東北地方在住。乳がんで母親がすでに他界し、父親と2人暮らし。34歳頃から左右の乳頭からの出血があり、父親の勧めで受診。2003年秋に両側乳がんと診断され、両側乳房全摘術、術後化学療法、ホルモン療法を受けた。発症時は飲食店に勤めていたが、現在は退職。父親も脳梗塞と大腸がんを患っており、現在は生活保護による医療扶助を受けている。

私が一番言いたいのは、体験から。最低でも2件は、セカンド・オピニオンを受けてほしいなって思うんですよ。要は、腑に落ちないことから、腑に落ちることをモットーにしてほしいんですね。なぜかと言いますと、私が全摘を納得して受けたのはいいんですけれども、あとから、乳がんセミナーに行ったら、先生によっては、「5センチでも温存にできる自信があります」って言う先生がおりました。うーん、すごいショックだったかな。でも、これで無理して温存するよりも、きれいにとってあとから再建したほうが、再発率も少ないんだっていうことが、私は本当なんじゃないかな?って思っているんですね。でも、そういうふうに後悔しないためにも、あとからあとから引きずる人生を送るよりも、最低でも2件の先生のお話を聞いて、自分のがんのタイプはどれに、どの手術が適しているのか。あとは、手術前に抗がん剤を受けたほうがいいのか。手術前に受けると、こう腫瘍が大きくなる小さくなるのが分かるっていうメリットがありますね。そういうふうな治療を選択していくのか。乳がんには、いろんな選択肢があるんだっていうことを、私は初めて知って、ほんとにいい勉強になりましたね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧