※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー21

診断時:37歳
インタビュー時:42歳(2008年7月)
東北地方在住。乳がんで母親がすでに他界し、父親と2人暮らし。34歳頃から左右の乳頭からの出血があり、父親の勧めで受診。2003年秋に両側乳がんと診断され、両側乳房全摘術、術後化学療法、ホルモン療法を受けた。発症時は飲食店に勤めていたが、現在は退職。父親も脳梗塞と大腸がんを患っており、現在は生活保護による医療扶助を受けている。

詳しいプロフィールを見る

私には頼れる、頼れる親戚もいなくて、1人ぼっちに個室におかれてしまったんですね。で、大変、もうそのとき、お金はお父さんが持っているし、3000円しか持っていなくて、これはどうしょうと思って(笑)。もう、個室にたまたま電話があったもんですから、友達と知り合いに電話して、付き添いとあと手術の前の日の説明を一緒に聞いてくれないかということを頼んで。そして、何とか、友達に付き添いを頼んで、知り合いには、手術前の説明を一緒に聞いてもらって。ついでにって言っちゃなんですけど、先生に「ちょっと今、私、お金、今持ち合わせがないものですから、手術前に用意できるものが、あの、明日になりますけど」って先生にお話してから、帰ってきたんですが。「結構ですよ」って。「看護婦さんと、あの、相談してくださいね」っていうことで。そして、そのときに、知人に1万円お金をお借りして、胸帯だのT字帯だの手術に必要なものを買い揃えて。そして、それから、友達が付き添ってくれたんですよ。普通は、親戚とか、身内が付き添うものなのにって、情けない話だけど、でも、ほんとに、ありがたかったですよねー。
そのとき、言われたのが、「医療の扶助を受けなさい」って言われたんです。屈辱的だな。でも、退院して、この先の生活を考えたら、抗がん剤もしなくちゃいけないわけだし。お父さんも脳梗塞なものだから、しばらく働けないだろうなっていうことで。福祉のお世話になることに決めたんですね。そして、何とか、抗がん剤始めてから受理されまして、今に至るまで、ほんとにお世話になっている状態です。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12191 (17) { ["term_id"]=> int(35) ["name"]=> string(15) "経済的負担" ["slug"]=> string(6) "keizai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(35) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(18) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(35) ["category_count"]=> int(18) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "経済的負担" ["category_nicename"]=> string(6) "keizai" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る