※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー21

診断時:37歳
インタビュー時:42歳(2008年7月)
東北地方在住。乳がんで母親がすでに他界し、父親と2人暮らし。34歳頃から左右の乳頭からの出血があり、父親の勧めで受診。2003年秋に両側乳がんと診断され、両側乳房全摘術、術後化学療法、ホルモン療法を受けた。発症時は飲食店に勤めていたが、現在は退職。父親も脳梗塞と大腸がんを患っており、現在は生活保護による医療扶助を受けている。

詳しいプロフィールを見る

で「あなた1人で抱えられる問題ではないでしょう。誰かおうちの方がいらしていないの?」って。「あの、父がロビーのほうで待っていますけど」って。「すぐ連れてきなさい」って言われて。お父さんをわざわざ連れてきて「申し訳ないんだけどね、娘さんの両方の乳房から悪いものが出てきてしまいました。あの、話によると奥さんも同じ病気で亡くされたそうね」、「そうです」って、うちの父ももう頭がぽかーんとして、右から左へ何を聞いているのか分かんないくらいびっくりしていたんですね。
父に「両方とも、手術、全摘しなきゃいけないみたいだ」って。そしたら、父が「そうか…」って。でも、そのとき、12月に入ってから5日のとき、決定的なことがおこったんですね。うちの父が交通事故を起こしたんです。心配して、かけてしまったんではないかと、私、ものすごく今でも、ほんとに、もうほーんとに悔やんでも悔やみきれなかった。あのとき、言わないほうがよかったんじゃないかって今、思うくらいだったんですけれども。もう、脳梗塞ってそのとき言われて、手術は延期じゃないかって、私も思ったんですよ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12193 (17) { ["term_id"]=> int(37) ["name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(37) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(42) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(37) ["category_count"]=> int(42) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る