インタビュー内容テキスト

ただ、私はその後、母の介護に、私が退院すると同時に、母の介護に入らなきゃいけなかったんです。私が退院する2日前に、母が脳梗塞で倒れて入院し、私は退院と同時に母の介護に入るってことがあり、また母の介護を1年近く終えた後、突然、娘が交通事故に遭いまして、100日に及ぶ入院を余儀なくされました。そんなこともあり、先生が、「僕の救った命を無駄にしないでくれ」と言われたんです。そんなことを押して、自分が母を看病していますから、無理に無理をしている自分があるということが、十分、承知してるんで、その再発の不安とかは今でもぬぐえてないです。ちょっと咳が出れば「肺に転移したんじゃないか」とか、腰に…が痛ければ「骨に転移したんではないか」と、やはり乳がん患者にとって、再発っていうのはすごく頭から離れないんです。
がんっていうのは、先だって申し上げたように、がんだけではないんです。その人の背負っているもの。例えば親の介護であり、子どもの教育であり、夫婦のことであり、そういうことを背負って、みんな生きていかなきゃなんないんです。私はがんだけやってればいいっていうことはなかなか難しいんです。また、恵まれてそういう方もいらっしゃるかもしれませんが、ほとんどの方は、仕事なり、介護とか、私たちの年齢ですと介護とか、非常に重たい中で生きていかなければなりません

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言