※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー04

診断時:49歳
インタビュー時:54歳(2008年2月)
首都圏在住。2002年に右乳房温存術を受けたが、断端にがんが残っており、追加で乳房切除術を受けた。3年後に乳房再建術を受け、現在はホルモン療法を継続中。夫と2人の子どもがいる。非常勤特別職員(生涯学習推進員)として仕事を続けている。

詳しいプロフィールを見る

そして、なぜ再建をしようかなと思ったのは、あの、だんだん姿勢が悪くなってきたんですね。もともと左側が大きかったんですね。で、大きかったほうが残って、小さいほうがなくなってしまったんで、体のバランスが取れなくなってる。曲がるときにコロッて変なほうに回ったり、体、姿勢もすごく悪くなったりして。
で、あと、まあ、自分ではこんなにならないと思っていたんですが、実は私、子宮がんもやっているんです。で、子宮がんのときは、よく女性のシンボルの、まあ、乳がんと子宮がんっていう形で、子宮がんのほうが何かショックがあるのかなと思ったら、乳がんのほうがショックが大きかったんですね。子宮がんっていうのは、まあ、あのー……。っていうより子宮、子宮がんで、私は子宮を取ってないんですけれど、子宮内膜症と子宮筋腫で子宮は取ったんですね。なんですけれど、やはり乳がんっていうのは、体…、いやがおうにも毎日、自分の醜い部分を、取ったという部分も見なきゃいけない。こんなに明るい私でも、物事に対して卑屈になるんですね。だんだんだんだん卑屈になってる自分が分かるんですよ。隠そう隠そうとしている自分があったんですね。夫婦も、20年も経ってて、それで心なんて変わらないって分かってても、何か、こう突っかかってったりとか。何かその辺の、自分の心の変化があったんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12191 (17) { ["term_id"]=> int(25) ["name"]=> string(15) "乳房再建術" ["slug"]=> string(6) "saiken" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(25) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(24) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(25) ["category_count"]=> int(24) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "乳房再建術" ["category_nicename"]=> string(6) "saiken" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る