インタビュー内容テキスト

エキスパンダーの生理食塩水を入れてる場合は、非常にぶつかると、こう、こう弾力がないんで、パンクしちゃったりする可能性もあるそうなんですね。だから「ラッシュアワーとか、人にドンとぶつかられたりとかは気を付けてください」って言われました、退院のときに。で、飛行機とか何かでも、ちょっと、「飛行機ぐらいだったら、多少、気圧が、膨らむことはあっても破裂することはないけれど」ということでおっしゃいましたけど、ラッシュ時とか、ボールがポーンと当たったりすると、中が破裂しちゃう可能性もあるそうです。ですけれど、あの、「破裂したからって、じゃあ、先生、あの、すぐ緊急手術で何かあれなんですか」って言ったら、「いやいやいや、ただ、あの、それを、しぼんだやつを取り除くだけだよ」って言ってまして(笑)。
それで、あの、そのエキスパンダーは、ある程度おいてもいいということだったんで、えーと、1年半ぐらいおきまして、えーと、おととしの11月の末に手術をして、入れ替えをした。今度はシリコン。で、あの、シリコンでも、シリコンジェルといって、こう、ちょうどマシュマロのおっきいみたいですね。ボヨンボヨンボヨンっていう、こう動く形。おっぱいの形はしてるんだけど、その大きさのを入れるというか。そこの、液、あの、生理食塩水の入った袋を除いて、そこに入れ替えるという手術です。「手術自体はそんなに大変じゃない」って、先生、おっしゃってまして、退院、まあ、病院によっては本当にもう1日2日で退院。まあ、私の場合ちょっと、アレルギーとかもあるから、「ちょっと用心しながらいきましょう」ってことで、しました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言