※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:49歳
インタビュー時:54歳(2008年2月)

首都圏在住。2002年に右乳房温存術を受けたが、断端にがんが残っており、追加で乳房切除術を受けた。3年後に乳房再建術を受け、現在はホルモン療法を継続中。夫と2人の子どもがいる。非常勤特別職員(生涯学習推進員)として仕事を続けている。

「細胞診」と言われても、一応、先生にそういう話を聞いても、細胞診が何だかわからない。「これは、がんのグレードとは違います」と言ったって、何の? それが何だかわからない。聞いても何が何だかわからない。そういう状態でした。今でだからそういうことが言えるんです。その中で、必死に(乳がんの本を)読みました。「細胞診って何だろう?」って。で、「顔つき」とか、その「疑わしい」とか言われても、病理の先生がって言ったって、その「病理って何?」みたいな。「何をする人?」みたいな、そういう状態でした。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧