インタビュー内容テキスト

乳がんの場合は、手が上がりにくくなるということで、えー、手術してから、あの、少し手を動かすということで、割とそこの、私の大学病院では、それを積極的に、行っているところだったんで、あの、看護婦の指導のもとに、そのリハビリという形で、腕を動かす練習をしました。私の場合は、あの、たまたま読んだ本の中で、手術前に手を、リハビリの体操をしておくと、術後の経過が違うんではないかということが書いてあったんですね。それで、あの、手術前から、自分が手術するという決まった日から、心して腕を上げる練習をしたり、手術前も直前まで腕とか、指を動かす練習をしていました。そのおかげで、術後の腕上がりは支障なかったです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言