※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:27歳
インタビュー時:33歳(2008年10月)

九州地方在住。2002年春、右乳がんで、右乳房切除術とリンパ節郭清、同時再建(エキスパンダー挿入)、術後化学療法を受けた。エキスパンダーは、術後アレルギー反応を起こして取り出すことになり、その後、再建はしていない。 当時、離島で授乳中の子どもと夫の3人暮らし。治療中は子どもと2人で九州の実家で過ごした。その後、夫も離島を離れ、現在は家族3人で暮らしている。

それから、まあ、子育てをしながら、治療を続けて、で、治療が終わって、なったんですけど。やっぱり、なかなか、その体が100%戻るっていうのには、時間がかかって、自分の場合は、あの、リンパを結構取っているので、あの、腕がですね、よく腫れるんですね。リンパ浮腫まで、すごく腫れるっていうことはないんですけど、少し疲れたり、あと、ま、手の先を怪我してばい菌が入ったりすると、腕にあるリンパがすごく赤くリンパのふさふさに沿って斑点みたいに赤くなって、で、あの、熱が出るんですね。で、ま、無理したときには、必ずそれが出てしまうんですけど。で、まあ、必ず乳腺の先生のところに行って、自分の場合、抗生剤を飲んだら治るので、で、じゃ、お薬で治してっていうの繰り返して。そういうのもあって、やっぱり、無理はできないなあというのを感じながら、まあ、生活をして。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧