※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:27歳
インタビュー時:33歳(2008年10月)

九州地方在住。2002年春、右乳がんで、右乳房切除術とリンパ節郭清、同時再建(エキスパンダー挿入)、術後化学療法を受けた。エキスパンダーは、術後アレルギー反応を起こして取り出すことになり、その後、再建はしていない。 当時、離島で授乳中の子どもと夫の3人暮らし。治療中は子どもと2人で九州の実家で過ごした。その後、夫も離島を離れ、現在は家族3人で暮らしている。

翌年の1月ぐらいまで、抗がん剤をずっと打って、その間は、実家のほうに行って、寝泊りさせてもらって。とにかく、子どもがまだ小さかったので、抱っこもできないんですよね、傷が痛いのもあって。抱っこもできないし、もちろんおっぱい飲ませることもできないので。だから、両親にちょっと負担をかけたんですけど、母にミルクをあげる係をしてもらって。で、主人とは、半年ぐらい離れて生活をしてたんですけど、自分の病理(検査)の結果が出たときに、治療が少し長くなるし、経過観察は、一生していかなきゃいけないということを言われたので、主人と話し合いをして、主人には、仕事を変わってもらって、自分の実家のほうに越してきてもらったんですね。もう、仕事を変わってもらって。で、一応、離島では、そのできないことはないんですけど、抗がん剤の治療もできるんですけど、やっぱり、その生活面での不安があるので、一緒に実家に帰ろうということで、一緒に実家のほうに帰って、で、新しい生活を始めてっていうことで、しました。はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧