インタビュー内容テキスト

わたし、あの、再建をしたんですよ。すぐ、したんですけど、失敗して、全摘と同時に、パットも中に、生理食塩水を入れるパットを入れてもらって、少しずつ注入、注入するっていうやり方をしたんですけど。アレルギー反応が出てしまって。入れてからですね、手術後、3日後ぐらいに、すごく高熱が出て、で、結局、様子をみましょうということだったんですけど。アレルギー反応がすごくひどくなってしまって、皮膚が、破れてしまったんですよ。で、もう、これは、出さなきゃいけないと言って、パットをもうずるっとこう出してもらう、ちっちゃな手術をしたんですけど。それで、結局、もう、元どおりぺちゃんこになってしまって、で、先生からは、「アレルギー反応は、また免疫が下がっているときだったから、出たんだろうから、また、しばらく経ってトライしたらまた作れるよ」とは言われたんですけど、やっぱ、ちょっと怖くて、一度、そういうことがあったので、から、まあ、今は、ま、いいかなと思って、補整で、はい、対処しています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言