※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー42

診断時:27歳
インタビュー時:33歳(2008年10月)
九州地方在住。2002年春、右乳がんで、右乳房切除術とリンパ節郭清、同時再建(エキスパンダー挿入)、術後化学療法を受けた。エキスパンダーは、術後アレルギー反応を起こして取り出すことになり、その後、再建はしていない。 当時、離島で授乳中の子どもと夫の3人暮らし。治療中は子どもと2人で九州の実家で過ごした。その後、夫も離島を離れ、現在は家族3人で暮らしている。

詳しいプロフィールを見る

主人に最初に見てもらったのが、退院してきて、その、離島に引越しの準備に戻ったときに、久しぶりに、2人になる時間があって。わたしは、お風呂に1人で入っていたんですけど、自分もその傷を見るのが、なかなか、ずっとできなくって。自分も見たばっかりだったんですね、そのときって。で、どうしょうかなってすごくお風呂場で1人で悩んで、で、もう、やっぱり、いつかは見る機会があるだろうし、その主人もたぶん、気にはなっているだろうと思って、で、そのときに、呼んで、「おーい」って呼んで、「傷を見てくれないかなあ」って言って呼んで、で、まあ、主人も「いいの?」って言うから「いいから、見て」って言って、入ってきてもらって、見てもらったんです。そしたら、主人が、見て……、「よく頑張ったね」って言って……くれたので(涙声)、でも、こう何ていうんでしょう。まあ、でも、ありがたかったです、そう言ってくれたのが。やっぱり、こう不安だったですよ。見てもらうの。すごく勇気がいって、やっぱし、わあって目をそらされたらどうしょうとか。あったんですけど、(涙声)でも、まあ、「頑張ってくれたね」って言ったので、よかったなと思って。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12188 (17) { ["term_id"]=> int(36) ["name"]=> string(45) "からだ・心・パートナーとの関係" ["slug"]=> string(4) "otto" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(36) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(22) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(36) ["category_count"]=> int(22) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(45) "からだ・心・パートナーとの関係" ["category_nicename"]=> string(4) "otto" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る