インタビュー内容テキスト

それで、結局ですね。それでも、やっぱり、不安だったんですよ。何かしなきゃいけないと思って。
自分は、免疫療法っていうのをやりました。それも、何か、ネットのお友達が教えてくれて、「今は、何か怪しげな療法に思うかもしれないけど、今から、たぶん、ちゃんとした治療になるよ」って友達に言われて。で、それなりに、自分もいろいろ調べて、ほんとに、怪しくないのかなっていっぱい調べて、結局、一つの免疫療法っていうのがあったので、えーと、どこまで行ったんですかね。横浜あたりまで行って、最初、採血とかしてもらって、あとは、もう、こっちのほうで受けられたんですけど。それを、結局すごい高いお金を出して、6本、6本打ってでした。でも、再発予防として、そういう治療を受ける人っていうのは、まだまだなんか少ないみたいで、「大概の方は、治療がないよって言われてから受ける療法ですよ」っていう説明を受けて。「再発予防としてほんとに受けるんですか?」って言われて。で、「はい」って言って。でも、何もしないのが怖かったので、「とにかく、それだけはさせてください」って言って、それだけ、6本打って。それからは、ほんとに、もう無治療ですね。あとは、ほんとに、何もしてない。健康食品も全くしていないし。浄水器もカートリッジが切れたまんまだし(笑)。はい、今は、もう、ほんとに何も、無治療で、はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言