インタビュー内容テキスト

ただ、仲のいい友達は本当に逆に気を使ってくれて、周囲の友人たちは、一緒に行くときに、もうそのときにすごく食事制限していたので、あの、うん、「ここ行こう。どう、食べる?」とか。あと本当にありがたいのは結婚式の招待を皆さん本当、気にしてくださって、こう「何が食べれる?」とか、「ここに食べれないものを書いて」というふうに言ってくれたりとか、みんなやってくれますね。あの、そう。それは本当うれしいというか、ありがたい。まあ、周囲に恵まれた(笑)。そう。友達に、いい友達ばかりで、ありがたいことに、うん、いい人の紹介です。

―― ああ、そうですか。  あの、その結婚式の披露宴の食事って、もう大体どこへ行っても同じじゃないですか。

はい。

―― と、それはその、あんまりよくないものを抜いてくれるとか、そういうことになるんですか?

そうですね。あの、特別に作ってくれています(笑)。もう本当に、シェフの方にお願いして全然違うものが出てきたりするときもありますし、ええ、そこまで配慮してくれますね、本当に。

―― でも、そういうときに、あの今お話を聴いてすごく、まあそういう状態に感謝しているっていうことですけど、ちょっとこう周囲と違う料理がこう出てくるわけですよね。それで何か恥ずかしいとか、説明しなくちゃいけないのかなと思うようなことはありましたか?

ほぼ、あの、そのテーブルに座っているのは知っているので、何も思わない(笑)、ですね。あの、「あ、そういうのきたんだ」って逆にのぞいてくれたりとか、「あ、それおいしそうだね」とか、「そっちがよかったな」とかもありますし(笑)。何かこう本当さまざまで、何にもあれですね。うん。で、まあ他のテーブルにきたものとかもそうですけど、食べれるものあったら流してくれたりとか、こっちも食べない?とか、じゃあ交換しようかじゃないけれども、みんな何にも、うん、本当に変わらずに。

―― ということは、まあ今職場では、まあ伏せていらっしゃるけれども、お友達とかそういう何か職場じゃないような、プライベートな関係ではもうおっしゃっているんでしょうか。

場合と、場合じゃないときがあります(笑)。あの、昔ながらの知り合いは、もう知る、入院をしていたりもするので、ずっと長い友達は知っているけれども最近、近年の友達は言っていない場合が多いですね。まあ言う、言えそうだったら言ったりもするんですけれども、様子を見てですね。  やっぱり深い仲にならないと、なかなかカミングアウトまではいかなくて、うん。それでも一緒に食事、行ったりとかはするんですけどね、あ、私が勝手に選んで食べればいいだけでというふうに思っていて。うん…、特にそうですね、カミングアウトしていないですね、最近の友達。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言