※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー23

診断時:19歳
インタビュー時:38歳(2018年3月)
主な発症部位:大腸、小腸
関東地方在住の女性。一人暮らし。
18歳の時に下痢が続き大学病院へいったらすぐにクローン病と診断された。その後IBD(炎症性腸疾患)の専門病院に移り治療を続けたが、狭窄があり、3回手術をして30代中半の時にストーマ(人工肛門)も造っている。病気のため大学も何年か遅れて入学し、20代後半になって仕事を始めたが、病気のことは隠して就職した。今の職場でも管理職の人には言ってあるが周りの人には病気のことは話していない。ただ、仕事の内容から、病気が仕事の支障にはなっていない。

詳しいプロフィールを見る

―― あと、その手術を何回かされているということなんですけれども、具体的にはどういう手術をされたんですか。

えーと…、あの、痔ろうの手術は何回かしているんですけど、多分2~3回で、開腹も3回ぐらいちょっと増えまして、はい、あの開腹の手術もしたと思いますね。

―― 開腹の手術っていうのはどういう、小腸ですか。

そうです。初めは小腸、大腸のつながっているところが狭窄(きょうさく)を起こしていて、切ってオペして、切ってつなげたっていうのが初めで、で、あとは大きくはその1回、そうですね。
えーと、2回目は、ストーマになったときかな、だったんですけれども、幽門、胃と十二指腸のつなぐ幽門が、狭窄を起こして切除プラス、えーと…、直腸狭窄が起きていたので、もうそこは使えないというふうになって、まあストーマ、大腸ストーマになるということでやったというのと、ここ最近なんですけど、1~2年ちょい前ぐらいにちょっとあの、(大腸に)穴が開いてしまいまして緊急オペに翌日なったんですね。
それで、あの大腸に穴が開いたのでもう使えなくなって小腸のみで今、ストーマの緊急オペになりました。それの3回が大きな開腹オペ。あとは痔ろうとかのでそんなに、うん、下半身麻酔みたいなのです。うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12131 (17) { ["term_id"]=> int(33) ["name"]=> string(6) "手術" ["slug"]=> string(3) "ope" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(33) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(11) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(33) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(6) "手術" ["category_nicename"]=> string(3) "ope" ["category_parent"]=> int(11) } }
同じテーマの語りを見る