※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー23

診断時:19歳
インタビュー時:38歳(2018年3月)
主な発症部位:大腸、小腸
関東地方在住の女性。一人暮らし。
18歳の時に下痢が続き大学病院へいったらすぐにクローン病と診断された。その後IBD(炎症性腸疾患)の専門病院に移り治療を続けたが、狭窄があり、3回手術をして30代中半の時にストーマ(人工肛門)も造っている。病気のため大学も何年か遅れて入学し、20代後半になって仕事を始めたが、病気のことは隠して就職した。今の職場でも管理職の人には言ってあるが周りの人には病気のことは話していない。ただ、仕事の内容から、病気が仕事の支障にはなっていない。

詳しいプロフィールを見る

―― 人工肛門にしなきゃいけなくなるような人も出てくると思うんですけれども、特に、まあ若い女性の場合ですね、すごく抵抗があると思うんですけれども、まあ、そういう方に対して何かこうアドバイス的なものがあれば。

アドバイス。そうですね。本当に、あの…、うん、引きこもってしまうような、これを付けることによって、ストーマを付けることによってかなり多分いると思うんですね。で、あの、特に若い女性で、独身で、だとつらいというふうに思っていて。
で、私もそういう思いもあって、ちょっとあのストーマの患者会がありまして女性、若い女性向けのオストメイトの、あの患者会に入っていろいろ話を聴くと諦めなくていいこともあって。あの、うーん、それは多分一番悩むのは恋愛とかだと思うんですけれども(笑)。うん。あの、そのあたりも、いろんなその、ずっと子供の頃からストーマの方とか、お話を聴くと全然もう2回結婚しているとか(笑)、まあ、そういう話が得られたりとか。まあ、そういうような、こういろんな悩みを、あの、同じ患者さん同士で話していけば解消されることも多いと思うんですね。
私は…、あの、近しい人にいなかったのでいろいろ自分で、でも諦めたくないので活動はしていたんですけれども、でも正直、恋愛はできると思います(笑)。というので、諦めないでほしい、と、仲間を増やしてほしい、から、抱えないでほしいですかね。うーん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12130 (17) { ["term_id"]=> int(45) ["name"]=> string(36) "ほかの患者へのメッセージ" ["slug"]=> string(7) "message" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(45) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(42) ["count"]=> int(16) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(45) ["category_count"]=> int(16) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "ほかの患者へのメッセージ" ["category_nicename"]=> string(7) "message" ["category_parent"]=> int(42) } }
同じテーマの語りを見る