※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー32

診断時:12歳
インタビュー時:39歳(2018年9月)
主な発症部位:大腸、小腸
九州地方在住の男性。一人暮らし。
小学校6年の時に痔ろうの手術を2回受け、中学1年でクローン病と診断された。高校卒業後、看護師を目指して看護学校に通っている時に2回手術をして小腸と大腸の一部を切除した。その後看護師として5年間働いた後、看護学校の教員になったが、その頃にも3回目の手術をして、現在小腸は2メートル弱、大腸は四分の三が残っている。その後研究職につきたくて大学院に進み、現在は大学の教員をして、クローン病の患者の研究もしている。

詳しいプロフィールを見る

で、あの、看護学校で(教員として働いているときに)まあ、その手術3回目をして、その後、まあ、復帰をしたんですけど、3回目の手術のときに、まあ、入院自体が3~4カ月ありましたので、いろいろちょっと考えまして、このままで自分の人生はいいのかって、本当にやりたいことは何なんだろうというふうに考える、まあ、機会にもちょっとなりまして。
そこで元々ちょっと私、あの研究というか、あの、だい、看護の大学院のほうに進学をしたいという思いはずっとあって。で、やっぱりやるべき、この人生でやるべきことをやったほうがいいんじゃないかっていう思いに決意が固まって、えー、まあ、看護学校をちょっと退職させていただいて、その後は、あの、本当に無職というか奨学金を受けながら、看護の大学院の修士課程に進学をしました。
で、修士課程では、あの…、最初はクローン病の研究っていうふうには思っていなかったんですけれども、ちょっといろんな重なりというか、まず指導をしていただいた先生自身がクローン病の研究を以前されたことがあったという出会いがあったことと、あの、その大学院自体の関連施設で、あのクローン病に関する研究をちょっとされているところもあって、で、自分自身もクローン病ということで、そういう重なりがあって、何か、まあ、これは、まあ、運命なんじゃないかなって思ってですね、テーマをクローン病ということで研究をいたしました。
その研究に関しては今も、まあ、続けてはいます。で、大学院自体は2年で卒業しまして、その後、まあ、大学の教員として今は働いているというようなことです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12141 (17) { ["term_id"]=> int(22) ["name"]=> string(36) "病いを持ちながら働くこと" ["slug"]=> string(6) "sigoto" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(22) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(22) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "病いを持ちながら働くこと" ["category_nicename"]=> string(6) "sigoto" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る