インタビュー内容テキスト

で、私は、あのー、フルタイムで仕事してましたので、朝、出勤してから義母を、えーと、デイサービスのほうに送り出して、仕事して帰ってきて。で、食事の支度をして。それがもう、ほぼ、まあ、あの、フルタイムですので毎日のようにあって、私のほうももうちょっと、すごくしんどくて。で、義母の面倒もとてもしんどくて、主人と話して、もうやっぱりグループホームに入所させたいっていうので、それで主人も一応オーケーしてくれたので、もう、その、えーと、グループホームを見つけて、予約っていうか、各場所にお電話、あと、あのー、えーと、入所の手続きをしたんですけれども、なかなか空きがなくて。それでやっと、今年の8月にお電話がかかってきて、義母がやっとの思いで入所。うん、義母を、ちょっと申し訳なかったんですけれども、入所させたっていう経緯があるんです。で、先ほど申し上げたように、義弟は8、えーと、7月に就職が決まって、で、今現在(夫婦)2人っていう形になっています。

―― うん。お母さまのほうの、その認知症の進み具合っていうのはどんな感じなんですか?

えーとですね、あのー…足がそういうふうに骨折しましたもので、車いすの状態で、で、自宅内では一応、あのー、杖歩行と、あの、誰かがそばにいて必ず手をかけて、トイレまで連れて行く、食事をするところまで連れて行く。そういう状況でしたので、もう、えーと、目が離せない状態だったんです。それで、まあ義弟が帰ってきたので、その、昼間の部分は義弟に任せて、で、夕方から私が職場から帰ってきたら、私と義弟とで見ているっていう形になったので。ちょっと本当にもう、私が一番しんどかったですね。
まあ、義弟は昼間は、えーと、義母はデイサービスにもうほとんど毎日のように行ってもらってたので、昼間、義弟は自由に過ごして、夕方から私と義弟と、交代交代で、まあ、見るとか。と、夜中にちょっと起きだし、義母が夜中起きたりして。そのー、夜中起きて1人で歩けないのにもかかわらず、歩こうとするので、そこでまた、あの、倒れたりしたら、また骨折の恐れがありますので、そういうものに、そういうことを気遣って、夜中起きることもしばしばありましたので、そういう状態だったんですね。
それで、ちょっともう、家族みんな、ちょっとしんどくなってたんですけど、でも義弟は自分が、その、就職がないまま家に居てるので、義母をあのー、グループホームに預けてしまったら、自分がちょっとやっぱり立場的にもちょっと困るみたいなこと、形で、ずっと反対はしてたんですけれど、まあ、でも、義弟が就職が先だったので、で、グループホームが後で決まったので、まあ、その辺りは仕方ないねっていうことで、義弟に一応許しを得て、それでグループホームに入所させたっていう経緯ですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言