診断時:63歳
インタビュー時:66歳(2008年6月)
近畿地方在住の会社役員。人間ドックでPSA値の上昇を指摘され、2005年1月に初期の前立腺がんと診断された。手術を勧められたが、自分で情報を収集し、同年夏、陽子線治療を受けた。1年後にPSAの再上昇が認められ、検査をしたところ骨転移が見つかった。免疫細胞療法、温熱療法、漢方なども試したが、2008年に入ってPSAが100を超えたため、カソデックスの服用を始め、再び10以下に下がっている。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

S.Wさんは自身が経営していた会社を息子に譲り、役員としてゆとりのある生活を送っている。40年近く前から毎年人間ドックを受けてきて、肺がんの診断を受けて経過観察中だった2005年1月、PSA値の上昇を指摘され、紹介された病院で生検を受けたところ、前立腺がんとの診断で手術を勧められた。しかし、生検データを持って複数の施設でセカンドオピニオンを聞いたところ、「がんではない」と言われため、再度生検を受けて、転移のない初期の前立腺がんという確定診断が得られた。そこからは自分で情報を集め、小線源療法やHIFUについても検討したが、最終的に陽子線による治療を選択した。

2005年7月から8月にかけて、入院と通院で74グレイの陽子線照射を受けた。その後1ヶ月に1度のPSA検査と3ヵ月に1度のMRIでフォローアップしていたが、PSAは3.2までしか下がらず、その後は次第に上昇して1年後には8か9くらいになったので、骨シンチを受けたところ肋骨に転移が見つかった(この間に肺がんの陽子線治療も受けている)。医師からはPSAが20か30になったらホルモン療法(リュープリン+カソデックス)を始めるべきだといわれたが、数年で耐性ができてしまうことを考えてすぐには始めず、免疫細胞療法、温熱療法、漢方などの代替療法で1年余り様子を見た。しかし、PSA値は上がり続け、2008年に入って続けて2回120を超える数値が出たので、やむなく地元のクリニックでホルモン療法を開始。但し、自身の強い意向で、カソデックスを半量服用するのみとしたが、それでもPSA値は10を切るまでになった。4以下に下がったら休薬することを検討している。

S.Wさんは個人個人のバリエーションを考慮しない“金時飴”のような医療、患者の気持ちを萎えさせるような余命告知はよくない、と考えている。何事もプラス思考で、人生を謳歌することが、S.Wさんのがんとつきあう秘訣だ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言

インタビュー15:体験談一覧