プロフィール

インタビュー15

診断時:63歳
インタビュー時:66歳(2008年6月)
近畿地方在住の会社役員。人間ドックでPSA値の上昇を指摘され、2005年1月に初期の前立腺がんと診断された。手術を勧められたが、自分で情報を収集し、同年夏、陽子線治療を受けた。1年後にPSAの再上昇が認められ、検査をしたところ骨転移が見つかった。免疫細胞療法、温熱療法、漢方なども試したが、2008年に入ってPSAが100を超えたため、カソデックスの服用を始め、再び10以下に下がっている。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

「どうしますか」と。「手術しなさい」と。そのとき64歳でしたから「期待余命が10年以上ある人は手術がゴールデンスタンダードですよ」と言われて、「手術しなさい」と言われましたんで「そうですか」と。「ちょっと考えさせてください」と言って。で、セカンド・オピニオンしようと思って。今度はA大(大学病院)に行ったわけですね。それでA大に1回、Cセンターのプレパラート…プレパラートというのは、細胞をね、細胞診を取ってきた見本ですね、「細胞の見本を借りてきてください」と言われたんで、借りにいったわけですね。で、見たら「いや、これはがんじゃありませんよ」と。「前がん症状で、がんじゃありません」と。「試しに日本で前立(腺)がんのその細胞を見る一番権威の先生がB大(中部地方の国立大学)におられますから、そこへ送っていいですか」ということで送ったわけですよ。まあ、そしたら同じような意見で「がんじゃありません」と返ってきたんですね。おお、助かったなと。だけどA大ががんじゃない。B大もがんじゃない。だけどCセンターはがんですと断言しとると。手術しなさいと。まあ、半々の意見に分かれたわけですね。ですから念のために、じゃあA大で1回「これだったら、あなたも納得いかんでしょう」と、ね。「こっちと、こっち判断が違う。白黒が付かないでしょう。ですから、うち(A大)でももう一回やられますか」と。「うちでもう一回針生検して、大丈夫でしたら、白になれば気持ちもすっきりされるでしょう」と、そうやって言ってくれたんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(74) ["name"]=> string(30) "セカンド・オピニオン" ["slug"]=> string(7) "opinion" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(74) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(12) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "6" ["cat_ID"]=> int(74) ["category_count"]=> int(12) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "セカンド・オピニオン" ["category_nicename"]=> string(7) "opinion" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る