※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー15

診断時:63歳
インタビュー時:66歳(2008年6月)
近畿地方在住の会社役員。人間ドックでPSA値の上昇を指摘され、2005年1月に初期の前立腺がんと診断された。手術を勧められたが、自分で情報を収集し、同年夏、陽子線治療を受けた。1年後にPSAの再上昇が認められ、検査をしたところ骨転移が見つかった。免疫細胞療法、温熱療法、漢方なども試したが、2008年に入ってPSAが100を超えたため、カソデックスの服用を始め、再び10以下に下がっている。

詳しいプロフィールを見る

で、粒子線に行ったときに、まあもちろん、骨シンチで転移もない。限局してるし、その当時、PSAも6ぐらいだったんですかね。ですから、まあ10以下っていうのは非常に初期ですから、向こうの部長も「普通粒子線でもね、ある程度もうはみ出したり進行してる人、症状があったり進行してる人は、まずホルモンを打って…半年前からね。で、縮小させてから粒子線をする」というのを(説明)されていたんです。私の、ちょうど友達も、そこで会ったんですけど、「え、おまえも来たんか」いうことでびっくりしましたけどね、彼なんかも、ホルモンを先行してやっていたんです、ある程度、中程度(のがん)、私は初期ですから、ホルモンも何もしないですぐやったわけですね。なら、部長も「男性機能もこれは100%大丈夫だし、抗がん治療はね…あなたのは初期だったから、もう全然問題ないです。100%治りますよ」と言ってくれたもんですから、そりゃもう任せて安心ということで。まあ300万円って高いですけどね。(※)そのときはもう、密封小線源も保険適用になってましたけどね。あと、HIFUとかいろいろありますわ。そういうのもありますけど、それはやめて、300万円払って。まあ、アメリカ行ったらもっと高いですからね。やったわけです。で、安心しておりました。
ちょうど1年後に、(PSAの値が)8か9ぐらいになったときに、どうもそれ、下がらんのおかしいと。もう一度、その、骨シンチ。MRIはね、別に異常ないんです。「骨シンチを撮ってくれませんか」ということで、その、粒子線の部長が言いましたもんですから、骨シンチを撮ったんですね。そしたら「右の第6肋骨に転移があります。だからまあ、原因はこれでしょう」と。で、「ああ、先生。100%言うて、私なんか初期なのにね、何でこんなこと起こるんですか」って言ったら、「いやあ…」。その院長もね「申し訳ない」と。「あなたの場合は、本当に稀なケースで、お気の毒としか言う言葉がありません」ということで言うんですけれどもね(笑)。そんなこと言われてもしょうがないですね。まあ大変ですけど、そういうことで、転移。
(※)このインタビューは粒子線治療が保険診療外だった、2008年に行われました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(80) ["name"]=> string(39) "放射線療法(外部照射療法)" ["slug"]=> string(10) "gaisyousya" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(80) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(24) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "7" ["cat_ID"]=> int(80) ["category_count"]=> int(24) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(39) "放射線療法(外部照射療法)" ["category_nicename"]=> string(10) "gaisyousya" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る