※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー15

診断時:63歳
インタビュー時:66歳(2008年6月)
近畿地方在住の会社役員。人間ドックでPSA値の上昇を指摘され、2005年1月に初期の前立腺がんと診断された。手術を勧められたが、自分で情報を収集し、同年夏、陽子線治療を受けた。1年後にPSAの再上昇が認められ、検査をしたところ骨転移が見つかった。免疫細胞療法、温熱療法、漢方なども試したが、2008年に入ってPSAが100を超えたため、カソデックスの服用を始め、再び10以下に下がっている。

詳しいプロフィールを見る

――あの、かなりの高い数値(※PSA値)に行くまで、ずっともう頑張ってしまわれたわけですよね。

何もしないでね、うん。

――その辺はどういう判断をされたんでしょうか。

うーん。まあ、行くまでにはいろんなことを、先ほど申し上げましたように、いろんなこと(補完代替療法など)やってますから、どれかが効くんじゃないかと。ね。まあ、何でもいい、効いてくれたらいいという、やっぱそれの希望があったから、その、ホルモンに移行したくなかったわけですね。ですけども、どれもPSAは下げてくれなかったですけどね。ホルモンはPSAを下げてくれましたけど。まあ、ある程度、その、そんなね、0.1とかそんなことを気にして、する必要ないと思いますよ。じゃあ、0.1上がったからいって、がんがどんだけ大きくなったとか、それは全く関係ないですからね。ですから、PSAなんかあんまり、その、一喜一憂するほうが、かえってマイナスだと思いますね。

――ご自分の中では、幾つまでっていうのは何かもうあったんですか。

まあ、100までね。100はしょうがないなと。100になったらやろうかなと。(がんセンターの)先生が20~30言うてましたからね。まあ、大体、医者はシビアなことを言いますから、30言うなら100ぐらいだろうと(笑)。「20~30になったらギブアップだよ」と言われましたからね。その、100以上になったらギブアップだなと。

――それはご自身の判断ですね。

そうそうそう。
ですけどね、これね、まあ、PSAもね、あの、よし悪し(わるし)ですね。PSAノイローゼみたいなもんですね。この、ほかのがんは、これほどきっちり、あの、腫瘍マーカーが出るやつがないわけです。で、肺がんしてますけどね、肺がんとか胃がんとか他のがんにはね。ですけど、この前立腺がんだけは何かPSAが上がったら大変だとかね、そういうこといろいろ言うわけですね。
まあ、体の調子にも何も関係ないですから、こういうね、腫瘍マーカーがあったから、私にとってはですよ? えー、逆になかったほうがいいな(笑)。PSAなんかないほうがいいんじゃないかなというような気もするんですけどねえ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12120 (17) { ["term_id"]=> int(86) ["name"]=> string(42) "治療経過にともなうPSA値の変化" ["slug"]=> string(8) "psahenka" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(86) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(67) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(86) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(42) "治療経過にともなうPSA値の変化" ["category_nicename"]=> string(8) "psahenka" ["category_parent"]=> int(67) } }
同じテーマの語りを見る