※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー15

診断時:63歳
インタビュー時:66歳(2008年6月)
近畿地方在住の会社役員。人間ドックでPSA値の上昇を指摘され、2005年1月に初期の前立腺がんと診断された。手術を勧められたが、自分で情報を収集し、同年夏、陽子線治療を受けた。1年後にPSAの再上昇が認められ、検査をしたところ骨転移が見つかった。免疫細胞療法、温熱療法、漢方なども試したが、2008年に入ってPSAが100を超えたため、カソデックスの服用を始め、再び10以下に下がっている。

詳しいプロフィールを見る

「まあ、しかし、やっぱり男性で終わりたいでしょ」ということで、「そうですわ」言ったら、「ほんなら、まあ、だったら試しにね。注射を打てば、完全にね、駄目になりますから。あの、飲み薬のカソデックスだけでいきましょう。それもね、本当は、本来は毎日飲むんです、あれはね。カソデックスは毎日飲んで、リュープリンは月に1回か、まあ、3ヶ月に1回やね。3ヶ月分の注射打つんですけども、その、カソデックス、2日に1回、最小量でいきましょう。多分、それやったら大丈夫ですよ。あなたは若いし、元気だから」。
それで、えー、2日に1回、仕方なしにカソデックス飲んでたんです。てきめんに(100を超えていたPSA値が)ダッダッダッダッと下がりましてね、今。この前の検査では9.5か。9.5に下がりました。で、ある人が賭けてくれまして、「10以下になったら、まあ、嵐山の吉兆ね」、吉兆でも嵐山が一番いいんですよね。「嵐山の吉兆にご招待しましょう」と。ほんで、この前、そういうことを知ってますから、その町医者が「おめでとうございます。10を切りましたよ」言うて、電話かかってきた(笑)。
ですから、今は、最近は9.5です。まあ、ですけど、それをもうちょっとね、やって、4以下にしたら1回ね、まあ、やめようかなと。ホルモンというのは、その、ある程度、耐性ができますから、効かなくなる。ですから、途中でやめて、また上がりかけたらまた飲むということを考えてるんですけどね。まあ、それでもあかんようになったらカソデックスもある…。えーっと、リュープリンもあるじゃないかいうことで、できるだけ長持ちさせないかんですから、そのうちにまたリュープリンに代わるような。これはアメリカが一番ね、多いですから。アメリカが新薬のね、先頭立って研究してますから、できるんじゃないかなと。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(79) ["name"]=> string(57) "内分泌療法(ホルモン療法と精巣摘除術)" ["slug"]=> string(7) "horumon" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(79) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(27) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(79) ["category_count"]=> int(27) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(57) "内分泌療法(ホルモン療法と精巣摘除術)" ["category_nicename"]=> string(7) "horumon" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る