※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー15

診断時:63歳
インタビュー時:66歳(2008年6月)
近畿地方在住の会社役員。人間ドックでPSA値の上昇を指摘され、2005年1月に初期の前立腺がんと診断された。手術を勧められたが、自分で情報を収集し、同年夏、陽子線治療を受けた。1年後にPSAの再上昇が認められ、検査をしたところ骨転移が見つかった。免疫細胞療法、温熱療法、漢方なども試したが、2008年に入ってPSAが100を超えたため、カソデックスの服用を始め、再び10以下に下がっている。

詳しいプロフィールを見る

――このがんになられたことについて、会社の関係とかお仕事の関係の方とかには、どの程度、オープンにしてらっしゃるんですか。

もう全部オープンにしてます。まあ、幸いなことに、その、がんになったときがだいぶ年取ってますから、ほとんどリタイヤしてるわけね、会社を。これが40とか50の働き盛りでね、従業員をたくさん抱えてたときだったら大変だったですよね。結局、銀行関係とかね、そういうのは、あの、黙っとかないと、ね、融資の継続とかそんな問題起こったんでしょうけど。まあ、今もう借金も何もないですから。で、私も半分もうリタイヤして、息子がやってますから、別に私ががんであろうと何も関係ないわけです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(90) ["name"]=> string(27) "病気と仕事の関わり" ["slug"]=> string(7) "shigoto" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(90) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(90) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "病気と仕事の関わり" ["category_nicename"]=> string(7) "shigoto" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る