※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー15

診断時:63歳
インタビュー時:66歳(2008年6月)
近畿地方在住の会社役員。人間ドックでPSA値の上昇を指摘され、2005年1月に初期の前立腺がんと診断された。手術を勧められたが、自分で情報を収集し、同年夏、陽子線治療を受けた。1年後にPSAの再上昇が認められ、検査をしたところ骨転移が見つかった。免疫細胞療法、温熱療法、漢方なども試したが、2008年に入ってPSAが100を超えたため、カソデックスの服用を始め、再び10以下に下がっている。

詳しいプロフィールを見る

前立腺がんで死ぬなんていうのは、最近、思ってません。その、転移しててもですよ。ほれでね、これ不思議なことに、転移してね、この、真っ黒に、この、あの、骨シンチで見ると、そこだけ真っ黒になるんですよね。真っ黒で気持ち悪いんですよ、写真見ると。ほしたらね、やっぱ人間っていうのはね、それ、当初はね、痛いんですよ、ここがね。痛いの痛いの。やっぱり病は気から。今、何ともないですよ、これ。別にこれ、消えてるわけでもないですけどね

――その骨転移した部分に対して、放射線を当てるとかそういうのはないんですか。

いや、それは、あの、言うてます。そこをね、当ててくれと言うて、紹介状もくれてます。その、今のIMRTがあるでしょ。もうピンポイントでね、やれますから。それできるところを大阪でね、紹介しとくって、そこでやってもらってくれと。ほんで、PSA下がったらいいじゃないですかと言われてもらってるんですけど、行ってません(笑)。紹介状もらったけど(笑)。
ですから、今もうこう、(PSA値が)下がってますから、今測ってませんよ、その、骨シンチ撮ってませんよ。撮ったら消えてるかも分かりませんけどね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11078 (17) { ["term_id"]=> int(87) ["name"]=> string(33) "前立腺がんの進行と治療" ["slug"]=> string(7) "shinkou" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(87) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(67) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(87) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "前立腺がんの進行と治療" ["category_nicename"]=> string(7) "shinkou" ["category_parent"]=> int(67) } }
同じテーマの語りを見る