プロフィール

インタビュー15

診断時:63歳
インタビュー時:66歳(2008年6月)
近畿地方在住の会社役員。人間ドックでPSA値の上昇を指摘され、2005年1月に初期の前立腺がんと診断された。手術を勧められたが、自分で情報を収集し、同年夏、陽子線治療を受けた。1年後にPSAの再上昇が認められ、検査をしたところ骨転移が見つかった。免疫細胞療法、温熱療法、漢方なども試したが、2008年に入ってPSAが100を超えたため、カソデックスの服用を始め、再び10以下に下がっている。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

えー、去年の1月ですかね。そのときにはね、15ぐらいだったんです、PSAが。○先生は、その、「まあ、○さん、20か30になったら、まあね、もうホルモンしかないですな」と。「あきらめてホルモンやりなさいよ」と言われて帰ってきたわけですよ。もうとっくに過ぎてますね。
ほんじゃもう、D大(近畿地方の別の国立大学)も診てもらいたなと。D大も非常にいいからと。まずD大の派閥のね、××病院の泌尿器科の部長に、また紹介状ね、その町医者の先生に書いてもらって、ほんで診てもらった。やっぱり同じこと言われたですね。「もうあなた、ホルモン打ちなさい。その時期に来てます」と言われて。で、えー、今度、またしばらくたって、D大の本体のほうへ紹介状書いてもらって、D大の本体に行った。
その先生も、「まあ、やっぱり、カソデックスとリュープリンですな」と言うでしょう。で、A大もそうですね。「カソデックスとリュープリン」。まあ、あの、金時飴で、その紹介の先生がね。「まあ、日本の泌尿器科、全部金時飴やな」と。「全部、リュープリンとカソデックスやな」と。だけど、あの、プロのね、ゴルフのプロの杉原さんなんか、彼は最初、あれ、打たなかったんちゃうかな。あの、私の記憶ではね、それやると女性化するから、ゴルフの飛距離がね、落ちるということで、やらなかったんじゃないのかなあ、というふうにいつも言ってる。私も延ばし延ばし延ばししてたわけです。
まあ、ですけどね、そのー、ところが、「あなたね、えー、100を超えたら、やっぱりホルモン考えましょうや」と、いうことで、続けてたわけなんです。それがもう今年の初めに120を2回(笑)。1回ではちょっとね、信用できないとことで。で、もう1回やったら、また123ぐらいだった。いやあ、もうこれはしゃあないなと。これはもう引導渡されたなと。まあ、やりましょうと。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12176 (17) { ["term_id"]=> int(79) ["name"]=> string(57) "内分泌療法(ホルモン療法と精巣摘除術)" ["slug"]=> string(7) "horumon" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(79) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(27) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(79) ["category_count"]=> int(27) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(57) "内分泌療法(ホルモン療法と精巣摘除術)" ["category_nicename"]=> string(7) "horumon" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る